2007年06月11日

現地での日本語対応で、口座を開設

ベトナム証券会社に日本人の投資家が殺到するのは、日本語に対応する証券会社があるからです。

証券口座開設ツアーを主催する旅行代理店もあります。また、日本から郵送の口座開設も可能です。

その結果、証券会社側が大量の日本人投資家に対応できず、口座維持手数料を大幅に引き上げたり、売買注文が大量に摘み残ったりする事態に至りました。


 
posted by ベトナム株 at 22:36| 口座開設手続きのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

日本人でも口座開設できるベトナムの銀行・証券会社

銀行

アジアでは圧倒的な店舗網
HSBCベトナム

グローバルな店舗網を持つHSBCグループは、ベトナムでリテールを展開。現在のところ、顧客の多くはベトナムに駐在する外国人ビジネスマンです。ベトナムドンの口座開設をするにはワーキングビザが必要となりますが、USドル口座なら旅行者でも簡単に開設できます。

歴史のある民間証券会社
サイゴン証券

ホーチミンとハノイに店舗を持つベトナムの大手証券会社です。英語での株式マーケット情報も充実しています(一部日本語のホームページもあります)。ホーチミンの本店を訪ねれば、旅行者でもパスポートだけで口座開設が可能ですが、口座維持手数料がかかります。

国営銀行の100%子会社
BSC証券

ベトナム第4位の証券会社です。日本の岡三証券と提携しています。ホーチミン支店には、日本語を話すスタッフもいるので、現地でも口座開設には不自由がありません。旅行者でもパスポートだけで口座開設が可能です。

業界ナンバーワン証券会社
バオベト証券

ベトナム最古の証券会社で、ベトナム市場ができる前の創業。取り扱いシェアは20%を超えています。また、IPOに強く、多くの新規上場会社の主幹事証券を引き受けている実績があります。アメリカのメリルリンチ証券と提携しています。


 
posted by ベトナム株 at 22:15| 口座開設手続きのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

まずはホーチミンの本店へ、日本語は比較的よく通じる

ベトナム証券会社口座開設するには、原則としてホーチミン市にある証券会社の本店を訪ねるのがいいでしょう。

外国人投資家は、証券会社を通じて証券取引センターに外国人取引コードを申請します。その際に、日本総領事館など公的機関で認証されたパスポートのコピーが必要となります。

この手続きと合わせて、証券会社ベトナムドン口座と証券保管口座の開設を申し込みます。申請後、1週間程度で外国人取引コードが発行され、ようやく株式取引が可能になります。


 
posted by ベトナム株 at 22:00| 口座開設手続きのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ベトナム株ファンドが次々と設定される

沸騰するベトナム市場は、エマージング投資の矛盾をも象徴しています。

昨年後半から次々と設定されたベトナム株ファンドは、市場規模に対して投資資金が大きすぎ、購入できる銘柄がなく、大半がキャッシュのままだったといわれます。

ベトナム株投資を日本の株式投資と同じように考えるのは、とても危険です。もちろん、ハイリスクだからこそ、エマージング投資は面白いのですが。


 
posted by ベトナム株 at 22:39| 口座開設手続きのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

ドン口座と米ドル口座を利用、売買益などは米ドルに再両替

サイゴン証券の場合、投資用の資金はHSBCベトナムにある証券会社の米ドル口座に海外(ベトナム国外)から送金し、それをベトナムドンに両替します。本支店窓口での現金・小切手を持ち込んでの入金はできません。

同様に、株式の売却代金もベトナム国内では引き出すことができず、米ドルに再両替して海外の金融機関に送金することになります。こうした外貨への規制は他の証券会社でもすべて同じなので、この点は注意が必要となります。


 
posted by ベトナム株 at 22:09| 口座開設手続きのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。