2007年06月02日

ベトナム株の将来性

第2の中国として注目されはじめ、まじめな国民性ゆえに生産力も高いとわれているベトナムは、文字通りアジアの成長株です。

若い世代が多い人口構造が魅力。今後の発展も大いに期待できそうです。
ベトナム市場の株式指数は上場以来、何度か調整を繰り返すものの、ほぼ一貫して上昇しています。


 
posted by ベトナム株 at 23:01| ベトナム株の将来性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

ベトナムって、どんな国?

言語 :ベトナム語
通貨 :ドン(1ドン=0.007円)
人工 :約8400万人
面積 :約32万2000キロ平方メートル
首都 :ハノイ
GDP:528億ドル(54位)

インドシナ半島の東側に位置し、亜熱帯から熱帯に属する。北は中国と国境を接している。チューノムという独自の文字文化をもち繁栄してきたが、近代史においてはフランスの植民地支配、日本やアメリカとの戦争など、戦火に巻き込まれることが多かった。
posted by ベトナム株 at 23:04| ベトナム株の将来性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。